若い女性はなぜセフレとの出会いを求めるようになったのか

若い女性がなぜセフレとの出会いを求めるようになったのかということを考えれば、セフレという関係から恋人同士の関係にステップアップするという考え方がやや不自然であるということもよくわかってもらえると思います。そもそも、出会いアプリなどを利用してセフレを募集している女性たちは、結婚願望を持っていないのです。

そんな女性たちが、アプリを通じて知り合った男性と恋人同士の関係になりたいというふうに望むわけがありません。恋人との出会いは自分にとって重いけれども、ずっと一人でいるのは寂しいし、セフレとのお付き合いなら楽しく気楽にやれそうだと考える女性が増えたからこそ、出会系アプリなどを利用してセフレを募集する女性が増えたということです。

女性たちは基本的に、恋愛に関してずる賢く、要領がいいので、自分にとって何かしらのメリットになると考えたことしかやりません。そもそも、なぜ一昔前までは女性たちの間で、貞操を守るべきだという恋愛観があったのかというと、そうしたほうが結果的に、素敵な人と恋愛して結婚するチャンスが多かったからにすぎません。

いずれは誰かと結婚して幸せになれるからという前提があったからこそ、女性たちは、自分たちの欲望を押し隠すことができたのです。繰り返しますが、結婚をすれば幸せになれるという前提があったからこそです。ところが今では特に、男女の結婚観や恋愛観といったものがどんどんと変わってきて、別に結婚したからといって自分が望んでいるような幸せが手に入るわけではないというふうに考える男女が増えたからこそ、晩婚化や少子化といったものが進んでいるのだと思います。

男性にとって結婚することは本当に幸せなことなのか、そのことに疑問を感じている男性は多いと昔から言われていましたが、最近では男性だけではなく女性も、結婚することにあまりメリットを感じなくなっているようなんですよ。昔は、女性の経済力は弱いのが普通だったので、早くいい人を見つけて結婚すれば自分が楽させてもらえるという考え方が普通でした。だから女は結婚をすれば幸せになれるという考え方が割と普通だったのかもしれませんが、もちろん今でも、そういう考え方をしている女性はたくさんいるのですが、昔と比べると、結婚をすることにメリットを見出す女性が減ったことは事実です。

だから、はっきり言って女性たちにとって、セックスを我慢する意味があまりなくなったのです。女性にとって、セックスの際に得られる快楽は男性の七倍から八倍だとも言われています。セックスすれば気持ちよくなれることくらい、女性ならみんな知っています。そもそも、セックスするときだけの話ではなくて、オナニーの際に得られる快楽も、男性よりも女性のほうがよほど強いらしいですよ。

実際、オナニーを経験しているのが男性ばかりというのは嘘で、十五歳以上の女性であれば(あるいはもっと早い段階から)オナニーをやりまくっているのが普通なんです。人前では絶対にそんな話をしないだけの話です。女性向け雑誌の調査とかでも、一週間にだいたい三回くらいはオナニーしていると答える女性が全体の半分以上ですよ。恥ずかしいから本当のことを書いていない女性を含めると、実際にはもっと多いかもしれません。

それで、オナニーでは満足できなくなった女性がセフレとの出会いを求めているという流れですね。

セックスがうまいって、つまりはどういうことなんでしょうか?

これは非常に重要な問題です。例えば自分が出会い系サイトを利用していて、恋人探しをしている場合であれ、セフレを募集している場合であれ、セックスがうまいかどうかというのは重要なステータスになりえると思うのです。もちろん、男女の関係というものは必ずしもセックスだけで決まるものではありませんが、それでも非常に重要な要素であることは間違いがないので、セックスが下手であるよりかはうまいほうがいいに決まっているのです。

実際、セフレという前提のお付き合いであったら、性格も全く合わないし、経済的にも頼りないから、結婚相手として考える場合であれば論外だけど、セックスの相性だけは罰国にいいから、どうしても離れられない……なんていうように女性から思われたら、自分にとって都合のいいセフレ(やや語弊があるかもしれませんが)をゲットできたも同然です。

男性は誰だって、女を自分の虜にしたいというふうに思っているはずです。実はこういう願望は女性の側にもあるのですが、それはともかく、女性を自分の虜にしたかったら、やっぱりセックスのテクニックを磨くことが重要だと考える男性が多いようです。

実際、セックスのテクニックを磨くことで、女性を虜にできる確率を高めるというのは、それほど間違った考え方ではありません。必ずしもセックスの相性だけが男女関係のすべてだというわけではありませんが、それでもかなり重要な要素の一つであることは間違いがないのです。ぶっちゃけ、セックスの下手な男性とセックスのうまい男性を比べたら、セックスがうまい男性のほうが女性からモテます。

じゃあセックスのテクニックを磨くことというのは非常に大事なことになってくるわけですが、具体的に、セックスのテクニックを磨くことというのはどういうことなのでしょうか。体力をつければそれだけで、女性を満足させられるセックスができるようになるのでしょうか。

確かに、よいセックスをするうえではどれだけ体力があるかというのも非常に重要な問題です。しかしながら、自分がどれだけ「俺はセックスがうまい!」とか「俺のテクニックでどんな女もイチコロだぜ!」というふうに思っているとしても、実際に女性の立場から、この人は本当にセックスが上手だというふうに思ってもらうことができなければ意味がありません。すべてのことが自己満足だけで終わってしまうのです。

結局のところ、セックスがうまい人というのは、相手の女性がどんなセックスを望んでいるのかということを理解して、その女性がどうすれば満足できるのかということを理解している人だと思います。

SEX関連の最新情報【セフレ募集

人妻は褒めまくると、せふれとしての関係を良好に維持しやすくなります

基本的に、褒められて嫌な思いをする人はいないと思いますが、人妻の場合は特に、男性からほめられるとすごく喜ぶ可能性が高いと思います。ただ単純に秘めるというだけではなくて、具体的に人妻が、男性からどのようなポイントをほめられたらうれしいのかというと、やっぱり外見のことだと思います。

もちろん、性格的なことをほめてもらってもうれしいと感じる女性はたくさんいるでしょうが、特に年を重ねた女性が男性の口から期待しているのは、外見に関するほめ言葉なんです。なぜかというと、女性は若いころこそちやほやされたとしても、年を重ねるごとにだんだんとちやほやされることがなくなってきて、自分が持っているはずの女性としての魅力の衰えを感じる人が多くなります。

特に女性は、ものの醜美に関する感覚がものすごく敏感です。だから、男性が絶対に気にしないレベルまで見た目のことを気にするのです。だからこそ、男性から見た目のことをほめられると特にうれしいのです。自分ではいくら「まだまだ私は女として戦える」とかいうふうに思っていたとしても、実際に男性からそのように思ってもらえなければ意味がないのです。そう思っているからこそ、女性は特に、外見に関しては他人の評価をやたらと気にします。

ここまで書くと、なぜ出会い系サイトを利用して知り合ったセフレ候補の人妻をほめると関係がうまく行く可能性が高まるのかということがわかってもらえたと思います。決して大げさな言い方だというだけではなくて、出会い系サイトを利用している人妻というのは、何らかの欲求不満を抱えているわけですよね。

欲求不満を抱えているという事情がなければ、すでに結婚している人妻が出会い系サイトを利用して新しい出会いを求める必要など絶対にないはずなんです。ところが出会い系サイトを利用している人妻というのはすごく多くて、これから先も多分増え続けていくだろうというふうに言われています。なぜこんなことになっているのかというと、やはり自分が誰かに(男性から)外見のことでほめてほしいという願望が強いからだと思うのです。

出会い系サイトを利用して若い男性と関係を持つことができれば、もうそれだけでものすごくうれしいという人妻は大勢います。なぜそんなことが嬉しいのかといえば、自分までその男性と一緒に若返ったような気分を味わうことができるからだといいます。じゃあそもそもなんで若返りたいのかというと、自分が女性としての魅力を十分に持っていた過去に戻りたいという願望が間違いなくあるからなんですよね。

自分の魅力が少しずつ失われていっていることについて焦りを感じている女性に対して、特に外見のことでほめてあげれば関係が良好に保てるというのは、普通に考えて当たり前のことなのかもしれません。

SEX関連最新情報【逆援助交際 アプリ】

セフレ関係を馬鹿にしていたんですけど……

本当の意味でセックスの気持ちよさというものを知ってしまうと、セフレとの人間関係を手放すことができなくなります。簡単に言うと、自分を本気で性的に満足させてくれるパートナーがセフレだったという場合は、ちょっと強引な手を使ってでも、そのセフレとの関係を終わらせたくないと思うものです。私が実際にそれほど強烈なセックスを体験してしまい、もう本当になんというか、この男性にはお金を払ってでも傍にいてほしいと思ったものです。

私は女ですので、セックスをするということについて変なプライドがあって、必ず自分の処女は婚約者にささげたいと考えていました。変なプライドと書きましたが、特に若い女性がそういうプライドを持つのはおかしなことではないですよね。私以外にもそういう考え方をする女性畑草煮るはずです。また男性にとっても、結婚を前提にお付き合いするのであればその相手は処女のほうがいいと思うはずです。

私も異性との交際に関してはかなり厳格な考え方を自分に課していました。事実、私は職場結婚した主人を除けば、本当に誰ともセックスしていませんでした。それが女として当然のことだと思いましたし、私がそういう考え方を持っている以上、お付き合いする男性にも同じように厳格な考え方を持ってほしいとも思いました。

パートナーに裏切られるというような事態は絶対に許せません。パートナーの裏切りが発覚すれば大喧嘩になるでしょうし、恐らく私には魅力がないから裏切られてしまったのだというように、激しい自己嫌悪にも陥るだろうと思います。幸い、私の主人はとてもまじめな人で、私のことを心から愛してくれているのだというふうに納得したので、主人と結婚することを決意しました。それで、性格的な相性も良かったですし、結婚してからもどんどんお互いのことを好きになることができたのです。私は主人のことを理想の男性だと思っていますが、主人も私のことを理想の女だと思ってくれていればうれしいと思います。

しかし残念ながら、夫婦の関係に全く何の問題もないということはありませんでした。実は私たちは、体の相性が決定的に悪かったのです。私だけがそう感じているのか、それとも主人も同じように感じていて何も言えずにいるのか、セックスに関する不満について何も話したことがないので、お互いにどうしたらいいのかわからないのです。

もしも「あなたとのセックスは満足できない」という不満をもらせば、それだけで大喧嘩になってしまいそうな気がします。主人もきっと同じことを考えているのか、わたしには何の不満も言ってきません。表向きは非常に理想的な夫婦なんです、けれどもこのままではいけないと思いました。本当ならば、夫婦で何とかセックスの問題を解消できるように努力しなければなりません。

セックスの相性について悩んでいる夫婦は私たちだけではないと思いますが、本当にできる限り限界まで、お互いにどうすれば満足のいくセックスができるようになるのか、そればかりを考えるのが一番いい方法だと思います。しかしながら、私たちの場合は(というより私の場合は)どうしてもそれができなかったのです。やっぱり今になって思えば、主人に対してセックスの不満を打ち明けられなかったのが一番大きな問題ではないかなと思います。私は、セックスの問題を主人と話し合って解決するよりも、出会い系サイトを利用して不倫する方法を選んでしまいました。

人妻が出会い系サイトを利用して不倫をするという話はよく聞きます。けれどもそういうパターンで目立つのは、やっぱり「旦那との関係が冷え切っている」という話が多いのではないかと思うのです。私の場合は、おかしいと思われるかもしれませんが、このままいくと主人との関係が悪くなってしまう、お互いの体の相性が良くないことをお互いが認めてしまう、という状況が嫌で、なんとか出会い系サイトを利用して、別の男性と体の関係を持ち、それで自分の欲求不満を解消できないかというふうに考えたのです。

自分が不倫相手とセックスして、それで性的な欲求不満がなくなれば、たとえ夫とのセックスに不満があっても我慢できます。我慢をするという言い方はおかしいかもしれませんが、わたしなりのやり方で主人を満足させてあげることができると思ったのです。確かに、夫とのセックスに満足できないという状況は今後もしばらく変わらないと思いますが、それでも、私は別の所で自分の欲求不満を解消できる方法を見つけたので、それだけで夫婦の離婚などは避けられると思います。

私は出会い系サイトを利用して、とても素敵なセフレと知り合いました。その男性は私と同じように結婚している方でしたが、なぜ出会い系サイトを利用しているのかという話は、あまり詳しく聞いていません。出会い系サイトを利用して新しくパートナーを求める際には、相手の個人的な事情に深入りしないというのは鉄則だと思うのです。

ただ、はっきり言えることは、その人とのセックスは最高だったということです。ひょっとすると、これまでは私がぜいたくなことを言っているだけで、セックスというのはしょせんこんなもんなのか、旦那とのセックスがごく普通のレベルなのかというふうに考えたこともあったのですが、実際にはそんなことありませんでした。

セフレとの出会いを果たしてしまったおかげで、不倫というものが簡単にはやめられなくなってしまいました。少しくらい主人に対する罪悪感もありますが、それでもやめられないくらい、最高のセックスというものを経験してしまったのです。

私はもともと、異性との関係についてかなり厳格な考え方を持っていました。だからこそ、今旦那を裏切って別の男性と関係を持っていることについても罪悪感を覚えるのだと思います。けれども、本当の快楽というものを知ってしまったので、どうしても不倫がやめられません。

セフレ関連記事はコチラから

掲示板の書き込みを全部無視されました

出会い系サイトを利用している人はたくさんいます。その理由はもちろん、出会い系サイトというものが、男女の出会いを求めるうえでとても便利なサイトだからだと思うのですが、だからといって、出会い系サイトを利用していさえすれば男女の出会いに関する問題がすべて解決し、うまくいくということではありません。

私は、出会い系サイトを利用し始めてもう長いので、それなりにいろいろな経験をしてきました。
うまくいったこともあれば、残念ながらうまくいかなかったこともあります。
けれどもどちらかというと、自分にとってうまくいかなかった経験のほうが、男女のお付き合いというものを考えるうえでは自分にとってプラスになったかなと思いますね。

うまくいったことは単純に「良かった」で終わってもいいんですが、うまくいかなかったことに関してはどうしてうまくいかなかったのかということをよく考えなければなりません。そうでなければまた同じ失敗を繰り返す可能性が高くなってしまい、結局は自分が損をするだけです。

私はかつて(今もですけど(笑))セフレとの出会いを求めてセフレ募集サイトを利用することにこだわっていました。
なんとなく、特定の人間関係だけに縛られる生き方をしたくなかったという思いがあるんですよね。
そういう考え方が性に合わないというか……もちろん、人付き合いとか恋愛に関する価値観は人それぞれなので、出会い系サイトを利用してまじめに恋人探しがやりたいと望んでいる人たちの考えを否定するわけではないのですが。

私が個人的に、特定の人間関係だけに縛られたくないと考えていただけではなく、そもそも出会い系サイトというもの自体が、まじめに結婚を前提にしたお付き合いができるような恋人探しには向かないサイトだと私は思うのです。
もちろん、婚活支援型とか言われるサイトのように、いくつか種類がある出会い系サイトの中でも、結婚相手を探すために適しているサイトは一応あるみたいです。
しかしそれにしたって、私の個人的な考えでは、伊佐本気で婚活をしようと考えたなら、出会い系サイトを利用して相手を探すのは嫌です。

出会い系サイトを利用している人たちから怒られてしまうでしょうが、それでもはっきり言わせてもらえば、出会い系サイトとは確かに便利なサイトであっても、決して完璧なサイトではありません。

まず、出会い系サイト上でのコミュニケーションはメールのやり取りが中心で、当然のことながら、常に相手の顔が見えているリアルタイムのコミュニケーションをするわけではありません。
例えばテレビ電話などの機能で、常に相手の顔を見ながらリアルタイムでの会話をするということが完全に不可能であるというわけではないのですが、基本的には自分が今コミュニケーションをとっている相手の顔がわからない、という状態でしゃべっているという人が多いです。
例えばメールでお互いに写真などを交換することは不可能ではないので、自分のメル友が果たしてどういう人なのか、その素性が全く分からないということにはなりません。
それでも、リアルタイムでのコミュニケーションとメールのやり取りは似ているようでまったく違うものなのです。
どういう形式のコミュニケーションが自分にとってやりやすいのかという問題は人によって違うと思うので、もしかして自分はメールのやり取りというものに向いていないのではないかと感じる人だっているかもしれません。

また、相手の顔がわからないからこそ、自分が必死にコミュニケーションをとろうとしている相手の顔がわからず、そのことを不安に感じてしまう人だっているでしょう。
出会い系サイトにはいろいろな人がいて、だからこそ自分にとって必ず素敵な出会いのチャンスがもたらされるだろうというふうに言われるわけです。
でも逆に言えば、出会いのチャンスがすごく多い一方で、自分がどんな人と知り合いになるのかがわからないという怖さもあります。

男女の出会いを考えるというのは大きな問題なので、一つのことだけを見ていろいろと同時に決めつけることはできないと思うのですが、やっぱり変な人と知り合ってしまうリスクがある以上は、出会いのチャンスをサイトに求めるのが怖いと感じる人だっているでしょう。

話がそれましたが、私が出会い系サイトを利用してセフレとの出会いを求めていた時、後から考えて一番後悔した出来事といえば、やっぱり「セフレを募集しています!」という内容のメッセージをマジで掲示板上に張り付けてしまったことだと思います。
普通、出会い系サイトを利用している人ならサイト内で普通に掲示板が利用できます。
掲示板に書かれた内容は、利用者同士で共有できるというふうになっているところもおいです。

つまるところ、自分が掲示板上に書いたメッセージは、特別な理由がない限り誰でも読むことができるのです。
それはすごく便利なことのようですが(実際とても便利なのですが)でも何の問題もないというわけではないと思います。
例えば掲示板上に何か変なメッセージを書き込んでしまったら、それを他の会員がみんな読むことになって、最悪の場合、メル友の女性に悪い印象を与えてしまうということだって十分に考えられるのです。

私自身、他の会員に嫌な思いをさせてしまうようなメッセージを書き込んだ記憶があります。
こういうことを書くべきではないというNGワードの内容が最初からきれいに自分の頭に入っていればいいのですが、残念ながら、それはうまくいかない問題です。
私自身、若いころに一度掲示板に書き込んだメッセージが原因で、出会い系サイトを利用することが気まずくなったというか、うまくいかなくなった時期があります。
いったい何をしてしまったのかというと、実は会員が共有する掲示板上に、私はセフレを募集しています、というようなことを書いてしまったんですね。

セフレを募集するなら、出会い系サイトを利用するのが一番手軽でいい方法だという話はよく聞きます。
実際のところ、どう考えてもセフレをゲットしたいなら、出会い系サイトを利用することが一番賢い方法だと思います。
セフレを募集したくて出会い系サイトを利用している人は、男女ともにたくさんいます。
けれども、自分がセフレとの出会いを求めているということを、それほど簡単に口に出すべきではないという場合もあるのです。

けっきょく私は、自分がセフレとの出会いを求めているということを掲示板上でカミングアウトしてしまって以来、自分の書き込みをすべて、ほかのユーザーから無視されてしまうようになりました。
これはかなりきつかったですよ、もともと掲示板っていうのは、当たり前ですけど他の利用者からコメントとか反応がもらいたくて使うものじゃないですか、ところが反応がもらえないということになると、もはや自分はいったい何のために出会い系サイトを利用しているのかということがそもそもわからなくなるんです。

結局、出会いがどうしようもなくうまくいかなくなったので、登録名とかメールアドレスなどを全部変えて、生まれ変わったつもりでやり直すことにしました。
それからは結構いいこともあったので、いまでもその失敗を忘れないように心がけています。