異性とのお付き合いは、何よりも素晴らしい人生経験になると思ってます

異性とのお付き合いに関しては、その二人の関係がどのようなものであれ、無駄になることなんて無いんですよ。異性とはものの考え方が重なることがまずありません。脳みその仕組みが違うのでそれは当たり前です。でも、男女が付き合うことになれば、全くものの考え方が違う者同士で理解し合わなければならないわけです。そういうことを考えると、出会い系サイトを利用する場合に限らず、知り合った男女が、さらに深い関係になっていくためには如何すればいいか、ということを考えるのは非常に重要なことだと思います。

失恋は誰にとっても悔しいものです。よほど変態的な価値観を持つ人を除けば、好きな人にふられて別れることになった時に、むちゃくちゃ喜ぶという話を聞いたことがありません。人によっては、失恋のショックから立ち直れずに自殺するという場合すらあるくらいです。

失恋のショックから立ち直れないという人は、ちょっと自分のことを責めすぎているという部分が少なからずあるのかなと思います。一度の失恋で、それこそ本当に人生の終わりといわんばかりのショックを受けてしまうのです。私に言わせれば、失恋というものは誰もが経験することで、むしろ経験したことがある人のほうが経験したことのない人より貴重な経験を積むことができて幸せになれるというくらいなので、失恋をしたことそれ自体をそれほど深く気に病む必要は無いと思います。

結果だけを見れば、確かに失恋はすごくショッキングな出来事になると思うのですが、失恋を経験した人にしかわからないことというか、失恋を経験した人にだけ得られるものというのがたくさんあると思うのです。出会った二人の関係がどのようなものになるかということは関係なく、二人がお付き合いしたという経験が、必ずお互いの人生の中で何かしらのプラスになるのです。

価値観や考え方の違う二人が一緒の時間を過ごして、お互いが「そうか、こんな考え方もできるのだ」というふうに納得する場面も、或いは納得できない部分も両方あると思います。そして、お互いに納得できない部分が多すぎたせいで別れるということも当然考えられると思います。

けれども、世の中にはどういう考え方をする人がいるのかということを知っていれば、たとえあるパートナーとは別れることになってしまっても、また次のパートナーと出会ったとき、これまでに異性とお付き合いした経験を活かして、世の中にはどういう考え方をする人がいるのか、ということを考えるレパートリーがどんどん増えていくのです。よほどのことがない限り、個人の考え方は自由という考え方があるので、自分の価値観がどうだとか相手の価値観がどうだとかいう子とは関係なく、お互いを許し合って理解し合えるのが究極の理想だと思います。

異性とのお付き合いの中で、お互いを理解して認め合うということが本当にできるのは、室連という苦い経験を乗り越えた人だけだと私は思います。そういった意味では、失恋をすることは決して無駄なことではないのです。

出会いの可能性を実感するなら→http://xn--eck4ae1fvfp23rghe5pebv6j.net/